NPO法人あおぞら

利用対象者とは?

障害による生活上のご苦労があり、精神科やクリニックに現在通院されている方。
※就労継続支援B型事業所(以下B型事業所)においては、既に働かれている方は利用の対象外となります。

定年や利用期限はありますか?

利用に関して定年はありません。
通所後に、就職された場合や区・市より受給者証の更新が認められなかった場合、また、介護事業所の利用が望ましいと各関係者が一致した場合は、利用終了となる場合があります。

見学はどのようにおこなわれますか?

見学には、ご本人のことを長く見守って下さった方(例:保健師・ソーシャルワーカー・デイケア職員・ケースワーカー・訪問看護師 等)と一緒にお越しいただくことで、より深くお話を伺うことができます。
見学では、ご事情などを伺うとともに、施設の紹介をおこなわせていただきます。
その後、ご希望に合わせて施設の体験(実習)のお話をさせていただきます。

体験はどのようなものですか?

体験内容は、各施設により内容が異なりますので、電話にてお気軽にお問合せください。
また、体験(実習)時の工賃や交通費のお支払いは出来ませんので、ご了承ください。

作業所の工賃の締め日、支給日はいつですか?

あおぞら作業所は、工賃の変動制(月ごとに時給額が変動)で15分単位での支払い、ワークスペースのぞみは固定時給を30分単位で月末締め、翌月初めの支給となっています。

駅からの所要時間を教えて下さい。

全通所事業所とも、
・西武池袋線「東長崎駅」より徒歩5分程度
・都営大江戸線「落合南長崎駅」より徒歩10分程度
交通手段は問いませんが、おひとりで通所できることが条件となります。

通所する際の交通費は?

通所事業所に関しては、通所した日数に応じて交通費や定期代の支給があります。
生活保護を受給されている方に関しては、担当者と協議の上、支給決定となります。

利用料はかかりますか?

障害福祉サービスの受給を申請した際、利用者上限負担額というものも同時に決定されます。
住民税非課税世帯の方は、利用料はかかりません。
ご本人、配偶者の収入(年金等含む)のある世帯等、課税世帯に該当する世帯は、障害者総合支援法にのっとり、サービス利用料の一割が自己負担として発生する場合があります。

喫煙は可能ですか?

法人内事業所はすべて禁煙となっております。ご了承ください。

昼食はどうなっていますか(料金も)?

各B型事業所では管理栄養士作成メニューの配食サービス(280円)を注文することが可能です。
また、各自でご用意いただいても構いません。

行事にはお金(自己負担等)がかかりますか?

行事(花見や食事会、旅行など)には基本的に自己負担はかかりません。

計画相談についてはどうなっていますか?

障害福祉サービスの利用に関しては、受給者証の発行と合わせてサービス等利用計画の作成が必要となります。 また、当法人内にも特定相談支援事業所があります。

家族が相談することは可能ですか?

基本的にはNPOあおぞらとして、ご本人の希望や意向を尊重した本人主体の支援を大切にしております。
見学や体験、利用前後に関するご相談はご家族からも承っております。
一方、法人内各施設の利用を伴わないご相談に関しては、残念ではありますが、情報提供や一部支援機関のご紹介に留まらせていただくこともございますので、ご了承ください。

通所・入所までの流れはどうなっていますか?

法人内には、障害者総合支援法に定めらた障害福祉サービス事業や、地域生活支援事業、相談支援事業があり、それぞれが異なった体系で機能しております。

あおぞら作業所・ワークスペースのぞみ
⇒障害福祉サービス事業(就労継続支援B型)

グループホームあおぞら
⇒障害福祉サービス事業(共同生活援助)

あおぞら相談支援センター
⇒相談支援事業(特定相談支援事業所)

地域活動支援センターそよかぜ
⇒地域生活支援事業(地域活動支援センターⅢ型)

上記の通りとなっております。

・施設利用については、電話での見学からまず受け付けており、その後施設の体験を通して利用の決定に繋がっていきます。詳細につきましては、ご希望の事業所へ直接お問い合わせください。

・利用の流れに関しては、下記の全国社会福祉協議会が発行している「障害福祉サービスの利用について」を、ご参照ください。
障害福祉サービスの利用について(全国社会福祉協議会)

・障害福祉サービス、相談支援事業ともに「障害福祉サービス利用受給者証」の発行が必要となります。ご不明点等は、お住いの保健所、障害福祉課にお問合せください。

・地域活動支援センターそよかぜに関しては、受給者証は必要ではなく「施設との利用契約」のみで利用することができます。